« 入紅葉小川山10/11 | トップページ | 金毘羅岩クライミング »

2009年10月27日 (火)

湯河原幕岩レポート

10月24日土曜日
メンバー T川さん、M保さん、I田
湯河原駅からT川号にピックアップしてもらって現地へ、
駐車場の東屋でみかんを買ったT川さんにさらに手のひらに一杯のみかんを「持ってけっ」とわれわれにもくれた。

幕岩で最もかぶったルートがあるサンバリーを目指す、ピーターパンの基部からトラバースとトポにあるので、偵察にI田が行くが発見できず、「ここまで来たのだから」と二人が再度、偵察に行く、更に奥のハイキングコースまで抜けたが見つからず「幻のエリア」となった。

彼らが被った壁「オリンパスの丘」が上にあるので登ろうと合意し、トライを始めた。
Large2 ぺガス10a I田がオンサイトを目指すがボルト二本目からの直登が出来ず、左手カンテ10時、11時方向の連続飛ばしで右手二時方向のカチから、右足のカチスタンスに乗り込みで右手を12時方向のガバを取るムーブを組み立てたのだが右足のスタンスの乗り込みが出来ず敗退

二番手のM保さんも同じムーブが出来ず撃沈。

三番手のT川さん、流石、外岩精通者、グレードに合ったラインを発見、これにより全員クリア。

カサンドラ5.9 これもT川さんがスタンスに右壁を上手く使ってクリアされ、後に続いた。

フェニックス5.9 T川さんオンサイト当然です。

この壁、結構被ってて、面白かったし、ペガス、カサンドラはボルト直登ラインで登る魅力を備えている

10時頃から振り出した雨も被った壁で気にすることなく、楽しんだ。

次回訪れるときはサンバリーを発見しやすい草枯れの時季と申し合わせて、雨の中、2時過ぎ下山した。

帰着したのが5時過ぎ、6時30分にはダウン、翌朝6時20分の起床でした。久しぶりの前傾壁と岩探し、登山がコタエマシタ。

でも清清しい気分でした。

|

« 入紅葉小川山10/11 | トップページ | 金毘羅岩クライミング »

コメント

1年ぶりの外岩で、天気も悪かったですが楽しめました。
I田さん、T川さんありがとうございました。

簡単なルートを簡単に登れるようにならないと駄目だなあと感じました。

またよろしくお願いします。

今度こそはサンバリーに行きたいですね。

投稿: M保 | 2009年11月14日 (土) 09時24分

私の呼称はタッキーでいいですよ。T川さんなんて言われると、こそばゆいです。
 私の感覚でいうと、ベガスはオンサイトグレードで10c-11a、RPでも10b-cでしょうか?カサンドラは10a-bでしょうか?
 見覚えのあるホールドで登るインドアと、忘れ去られたような未知の壁を登るのとは、大きな違いがありますね。
 雨の日登れて、前傾壁ビギナーにはお勧め、幕岩には珍しい貴重なエリアです。
 
 あくる日、HG、ミヤコ、マルティンと城山南壁に。日本語、英語、ドイツ語のチャンポンコミュニケーションが面白かった。ドイツから日本に来て1か月のマルティンは岩場も、温泉も、カツ丼もファーストタイム(初体験)で、パーフェクトデイ(最高の日)と大喜びでした。お世話になった草野さん、レポートしてくださいね。
 わたしは、先輩後輩も、年功序列もないこんな自由な世界が大好きです。

投稿: タッキー | 2009年11月14日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171819/32207480

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原幕岩レポート:

« 入紅葉小川山10/11 | トップページ | 金毘羅岩クライミング »